海外の結婚式場と日本の結婚式場の違いって何?

海が美しく広がり、透けるような青い空のもと、幸せそうな2人が微笑んでいる。そんな海外の挙式会場の写真を見たことはありませんか?実は、あれは主に日本人に向けた紹介方法です。なぜなら海外と日本の結婚式場の考え方が本当は異なっているためです。せっかくなので比較してみましょう。

海外では元々結婚式自体を自宅の庭や、気に入った場所を見つけて結婚式場にしていました。例えば自宅だと結婚式に向けて、ベストな状態で花が咲くよう調整したり、友人にケーキやブーケを頼んだり、ドレスや小物も家族から代々受け継いだものを使います。家族や知人が一緒になって準備を進めていました。でも今はプライベートや仕事が忙しくなり、家族だけで準備を進めることが困難になりました。結婚式の準備を忙しい家族に変わり代行するため現れたのがウェディングプランナーという職種。映画「ウェディングプランナー」が一躍人気になり、ウェディングプランナーという職種が認知されるようになりました。あの映画のようにバリバリ仕事がしたい!ステキな恋愛がしたいとあこがれたものです。

日本では結婚式場に所属していますよね。海外のウェディングプランナーはフリーで独立や、事務所に所属しています。日本の結婚式場は申込みをすると、司会者、フラワーコーディネーター、カメラマン、サービススタッフなど結婚式を創り出す全スタッフが提携されています。海外ももちろん提携先はありますが、お客様の要望により別業者を探したり、取り寄せたり、場所を選んだり自由度がとても高いのです。海外の結婚式はどちらかと言えばフリープラン、日本の結婚式はパッケージです。日本ではその結婚式会場が全体で何ができるかですが、海外では個人の能力でできることが違ってくるため人気の高いウェディングプランナーは芸能人やセレブのイベントを担うことが多くなります。海外のウェディングプラナーは個人事業主の要素が強いため、ビジネス要素も高くなりがちですが、日本のウェディングプランナーはおもてなしやサービス面での重視が高くお客様もそれを評価する傾向があります。

それから日本でも見られる教会ですが、海外では教会に入るために、同じキリスト教でもカトリックやプロテスタントによって大きく異なっていました。カトリックは教会で結婚式をする為に厳しく審査がありました。プロテスタントであれば、教会に何度か足を運び夫婦となるための気持ちが出来上がってからであれば結婚式を挙げることができます。日本の教会は挙げたい人が挙げることができますし、教会自体を創るもこともできます。教会ではなく結婚式会場という位置づけです。

それから日本の結婚式にはご祝儀があることも大きなポイントです。海外では、事前に新郎新婦の好きなモノを聞いた上でプレゼントをします。日本では、結婚式当日や前日までにご祝儀を渡されます。結婚式の費用の半分はご祝儀で賄えてしまいます。すごくありがたいですよね。結婚する時は、新居への引っ越しや新婚旅行など、色々と重なり、費用面で心配になります。日本のご祝儀は大切な人たちが2人の幸せを祈り渡してくれるものです。海外にはない日本ならではの習慣ですので誇りに思ってもいいと思いますよ。
他にも海外と日本の違いは多くありますが、幸せな時間を演出していることに変わりはありません。海外から日本に入ってきた結婚式のアイテムや習慣を調べてみても面白いかもしれませんね!